メモリー

大事なデータ復旧可能


日々、会社でプライベートにとパソコンに触れない日が無い程に、パソコンを使う人も少なくは無いと思います。

白物家電や、他の電化製品とは違いパソコンは用途が固定化されて無く、使う人によって様々な活用方法が生まれてくる「魔法の壺」の様な存在です。

パソコンの初期時代での基礎的用途としては、紙とペンの代用となる事で、それに計算機が付加して、次に・・と用途が広がって来たのですが、紙とペンとは大きな相違点は、膨大なデータの保存と探す事、所謂引出す事、検索が容易に出来るというところにある。

この役目を一手に担っているのが、ハードディスクである、入力したデータを不注意で消してしまった経験をお持ちの方も少なくは無いと思います。

でも、これが直近入力分だけでは無く、ハードディスク不具合により、蓄積されてきた全てのデータが出力出来ないとしたら・・考えただけで冷や汗ものです。

そういう苦い経験をされた方も未経験の方も、未然予防として定期的なバックアップをとられ、万一の場合に備えられています。

しかし、ハードディスクも電子部品の機械であり、バックアップの方法如何ではバックアップのデータまでもが出力出来ない場合もあります。

そんな時に不具合のハードディスク自体からデータを復旧出来る可能性があり、方法として、個人で復旧ソフトウェア―を使用してデータを復旧する方法と、専門の業者へ依頼する方法です。
当然後者の方が確実で復旧確率も高くなります。

ご自宅で、家族の写真を電子アルバム化されている方にとっても、ハードディスク内の写真は何物にも代えがたい宝物です。
万一の場合には、諦める前に、ハードディスク復旧を思い出して下さい。

ポイント

ハードディスクの種類


ハードディスクの種類は、一般的にパソコンの補助記憶装置として利用されていますが、近年の価格の低下に伴ってカーナビゲーション、DVD・BDレコーダー、ゲーム機などにも用いられています。
パソコンに使用される種類は主に2種類あり、内蔵ハードディスクと外付けハードディスクがあります。
内蔵型では、システムドライブとして多く使用されます。
サイズはデスクトップパソコン用の3.5インチとノートパソコン用の2.5インチがあり、接続はIDE接続とSATA接続があります。
近年ではSATA接続が主流になっています。

外付け型では、専用のソフトやBIOSの設定を変えることにより、OSを入れてシステムドライブとして使用できますが、ほとんどの場合は容量の拡大のために使用されます。
種類も多くあり、スタンダードな外付けタイプ、耐衝撃とセキュリティ機能が搭載された手軽に持ち運びができるポータブルタイプ、複数のパソコンやその他の機器とデータ共有ができるネットワーク接続のタイプがあります。

ハードディスクは消耗品ともいわれていてパソコン故障の原因では1位になります。
予防対策として定期的にパソコンを使用、雷対策、windowsでの定期的なエラーチェックや最適化、強い衝撃を与えないなどがあります。
また、復旧を考えて大事なデータは保存しておきます。
予期せぬ故障には、ハードディスク復旧の会社がありますのでデータの復旧を依頼します。
新しいハードディスクに復旧したデータを移行して使うことができるので非常に助かります。

カテゴリー
オススメリンク
データ修復を行うなら専門家へ依頼しましょう!大切なデータを取り戻してくれますよ!
パソコントラブル が発生した時はデータが消える危険があるのでプロの専門家に視てもらいましょう。
もしもパソコン修理をしようと思っているなら専門家に任せるのが一番安心で安全です。専門知識を持っているので的確な修理をしてもらえるんです。
アーカイブ
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031